最新のブラウザをご使用ください

古いブラウザにてご利用いただいた際に、部分的に機能が制限されたり、また正常にページが表示されない場合がございます。

VL45 ラジオハウスペンダント|Louis Poulsen

recommend product
おすすめ商品のご案内


VL45 ラジオハウスペンダント

Design: Vilhelm Lauritzen(ヴィルヘルム・ラウリッツェン)

Φ175・Φ250・Φ370mm

ラジオハウスペンダントは元々、1940年代にコペンハーゲンにあるデンマーク国営放送局(=ラジオハウス)のために、ヴィルヘルム・ラウリッツェンがルイスポールセンと共同で制作した照明です。

ヴィルヘルム・ラウリッツェンは、デンマーク建築史のなかでも最も重要な建築家の一人。
ヴィルヘルム・ラウリッツェンが手掛けたラジオハウスとコペンハーゲン空港のターミナル39はデンマークの指定建築物にもなっています。

そして、ラジオハウスペンダントは2016年に「VL45ラジオハウスペンダント」と名前を変えてカムバックしました。
真鍮のサスペンションと乳白色の三層吹きガラスシェードの組み合わせは、オリジナルデザインそのまま。
三層吹きガラスは、外側と内側の層に光沢ある透明ガラスを用い、真中の乳白ガラス層をサンドイッチしています。

2019年には既存の2つのサイズよりさらに小さなモデルが加わり、より広い用途やコーディネートが楽しめるようになっています。

O様邸
F様邸

ラジオハウスペンダントは、下向きの直接光でダイニングテーブル上などペンダントの下方にあるものはくっきりと照らし、 乳白色ガラスを通した柔らかなトーンの光で空間全体を照らすという2つの役割を持っています。

DEJIMASTOCKでは、Φ175mm・Φ250mmの2サイズを展示しています。
ぜひ店頭でご覧ください。

コードカットや取付方法・納期についてもお気軽にお問い合わせください。



DEJIMASTOCK(デジマストック)
広島の家具インテリアショールーム
734-8570 広島県広島市南区出島1-21-15
open 10:30~18:00(水曜定休)

INFORMATION

おしらせ・ブログ

一覧を見る