最新のブラウザをご使用ください

古いブラウザにてご利用いただいた際に、部分的に機能が制限されたり、また正常にページが表示されない場合がございます。

NEWS

広島初上陸。限定のタリアセン!

今回は10/14まで限定展示の広島初上陸の商品をご紹介します。

なんとなんと、限定生産の「タリアセン」です。


タリアセンといえば、

近代建築の三大巨匠の中の一人

アメリカの建築家・フランクロイドライトの作品です。

昨年の2017年、

フランクロイドライトは生誕150周年を迎えました。

そこで限定モデルが日本人デザイナーによって

3種類昨年発表されたのです。

オリジナル(向かって一番左)と4種類並ぶと圧巻です。

3種類の魅力はたくさんありますが、

今回はちょっとだけ特徴をお伝えします。



【TALIESIN-J】Designed by 橋本夕紀夫


●会津の桐材を使用した本作品。

フランクロイドライトは、旧帝国ホテルの建築など

日本とかかわりの深い人物でした。

橋本氏はそこに着眼し、日本的な表現で今回の

限定照明をデザインしたそうです。

一枚一枚丁寧に貼られた金箔の輝きは華やかですが、

どこか奥ゆかしい上品さを感じるデザインです。


【PAPER TALIESIN】Designted by 坂茂


●通称「紙のタリアセン」

紙管を用いたデザインによって、

光が弧を描くように美しく壁に広がります。

坂氏の代表作品は多くありますが、

西日本豪雨で倉敷市真備町の避難所で導入された

布と紙管で出来た間仕切りは記憶に新しいのではないでしょうか。

今回、ライトが設計したタリアセンの

四角を基調としたフォルムと対照的に

丸モチーフを使用することで新鮮な柔らかさを演出しています。


【GRV2918】Designed by グル―ビジョンズ


●壁に映る枝葉模様の美しさに、圧倒される作品。

東京のデザインスタジオ、グル―ビジョンズは

これまで数々の企業ポスターやロゴを手掛けています。

特徴的な枝葉の形をした遮光版は

クリ材を使用しており、職人が一枚一枚丁寧に切り抜いています。

通常このような加工はレーザー加工が一般的ですが、

レーザーでは切った木口が黒く焼けてしまうので

人の手でひとつひとつ作成しています。

反射板はご自身の好きな組み合わせで差し替えることができ

光と影の変化を楽しむことが出来ます。


いかがでしたでしょうか?

まだまだ魅力はありますし、

なんといってもぜひ直接この優しい光を見て頂きたい!

注文できるのは今年の12月までだそうで、

広島ではもうお目にかかれないかもしれません!

ぜひインテリアにご興味がある皆様、

必見です!


DEJIMASTOCK(デジマストック)
広島の家具インテリアショールーム
734-8570 広島県広島市南区出島1-21-15
open 10:30~19:00(水曜定休)