最新のブラウザをご使用ください

古いブラウザにてご利用いただいた際に、部分的に機能が制限されたり、また正常にページが表示されない場合がございます。

NEWS

ギャッベの楽しい模様

絨毯フェア目前!ということで

人気商品、ギャッベについて少しご紹介させていただきます。

自然と共に生きる南ペルシャの遊牧民が、

長い歴史と伝統を受け継いできたギャッベ。

手織りならではのユニークで温かみのある模様が特徴です。

吸湿発散性に優れたウールを100%使用し、

冬はもちろん、一年を通して快適に使うことができます。

その特徴的な模様には一つ一つ意味があるそうです。

少しご紹介していきますよ!☺

【描かれている率No,1?! ひつじ・ヤギ 】

ほのぼのとした羊柄、このギャッベは羊たちが

草原を歩いているイメージなのでしょうか?

遊牧民のなかで羊はお金の代わり。

お金に不自由しない生活が続くようにという思いや

いつも生活を支えてくれている彼らへの

感謝の気持ちが込められているそうです。

【現地の情景をイメージさせるような、ラクダ柄】

1980年代ごろまでは移動手段はラクダが中心。

ラクダを沢山持っているということは

財力の表れだったそうですよ。

今は自動車など交通手段が発達し

ラクダはあまり使わなくなったそうですが

時々ギャッベではラクダ柄を見つけることが出来ます。

【いのちの息吹きを感じる、生命の樹】

長寿や健康への願いが込められた人気の高い絵柄です。

現地は砂漠地帯で、豊かな木なども限られているため

このような木や葉っぱの柄も多く描かれています。

様々なデザイン・色があるので

それぞれの特徴が良く出る柄のような気がします☺

【織り手によって個性あふれる ライオン柄】

ライオンは権力の象徴で

知恵・財力・強靭な肉体・権力などを意味します。

南ペルシアにはライオンは生息していないので

織り手は伝聞でライオンの姿を聞いて

イメージで織っているそうですよ。

デジマストックにいるこのライオンギャッベは

よく見るとライオンの柄の中にたくさんの

ひつじ・ヤギの模様が・・・!

ちょっとやんちゃな顔つきなので

沢山羊を食べたのかもしれませんね☺

作る人の思いや気持ちを想像しながら

あったかい気持ちになれるのもギャッベの良いところです。

サイズも多数取り揃えていますので

ぜひ運命の一枚に出会いに来てくださいね。


DEJIMASTOCK(デジマストック)
広島の家具インテリアショールーム
734-8570 広島県広島市南区出島1-21-15
open 10:30~19:00(水曜定休)