最新のブラウザをご使用ください

古いブラウザにてご利用いただいた際に、部分的に機能が制限されたり、また正常にページが表示されない場合がございます。

NEWS

考えたい、地震のとき家具は?

2011年に起こった東日本大震災。
2016年の熊本の震災。
そして、近く起こるといわれる南海トラフ地震。
住まいの防災対策、ご自宅ではどんなことをされていますか?

備蓄・非常食・・・など
対策できることはたくさんありますが
忘れてはいけないのは「生き延びる」ということ。

室内では、家具や家電が転倒して
けがを負うだけでなく
命を落とす危険性もあります。

この機会に、今一度
ご自宅の耐震対策を見直してみて下さい。

特に背の高い家具には要注意です。

ただ、突っ張り棒は
インテリアを考えるうえで
「ちょっと格好が悪い・・・」
と思われる方も多いのでは?

そこで耐震対策が施された商品をご紹介します。

【グッドデザイン賞受賞のATLAS・NEO】

天井や壁に一体化するような
マットな白で統一されたATLAS・NEO。

別売りのフィラーを合わせると
梁のように見えるので
より自然な見栄えになります。

見ためだけではなく、
面でしっかりと支え転倒を防止します。

>>設置前、設置後の実験はこちら

動画を見ると、より転倒防止の大切さを感じますね。
今お持ちの家具をより安全なものにできる商品です。

【これから家具をお考えの方】

背の高い家具は、2パターンの耐震方法があります。

まず一つ目は既存の家具にATLAS・NEOや
耐震用ジェルなどを張り付けて転倒を防止するもの。

2つ目は新しい家具そのものに
耐震機能を付けて設置するという方法です。

”ユニット収納「SHIN」”は
オプションで台輪のなかに
フロアグリップを取り付けることが出来ます。

その他、
寝室は背の低い家具で揃えたり、
ソファにブランケットやクッションを置くことで
もしものときに頭や身を守ることが出来ます。

「安心な家で過ごしてもらいたい」
耐震グッズは店舗にもご用意していますので
ぜひお手に取ってご覧ください。


DEJIMASTOCK(デジマストック)
広島の家具インテリアショールーム
734-8570 広島県広島市南区出島1-21-15
open 10:30~19:00(水曜定休)